「トヨタ期間工は辞めとけって」「あそこは地獄だ」それホント?

「な〜つ〜休みは〜  やっぱり〜  短い〜♫

やりたいこと〜が〜 たくさんあり〜す〜ぎて〜♬」

こんにちは!

「キカヒャク」管理人・ズチアーノです!

そう、長期連休は、我ら期間工のメインイベントの一つ。

これがあるから別の仕事をしたくないっていう人も多いんじゃないでしょうか?

「あったりめーじゃん!」

「じゃなきゃこんな仕事やってないよ!」

同志諸君!

僕もです♡

長期連休大好き♡

それまでは長期連休とは無縁の飲食店や工事現場の仕事ばかりやっていたので、会社から「休んでいいよ」って言われて休めることが、嬉しくて仕方がない!!

これがあるか無いかで人生の充実度が全然違ってきます。

ま、日給月給制だから、次月の給料はガクッと下がるんだけど、、、

それが嫌で、僕は副業を始めたっていうのもあります!

時間も欲しいけど、金も欲しい。
そういった考えをお持ちの方は、期間工をしながら副業で金を稼ぐっていう生活はアリだと思いますよ〜!

期間工でいる内に、メリットを思う存分堪能しましょう!

ただ、連休が終わってまた忙しい日々が始まる。

考えただけでも憂欝になりますよね。。。

中にはそのまま連絡絶ってバックれ、なんて人もいるみたいです。(先輩から聞いた実話)

精神的に弱い人だと

「またあの地獄に戻るのか。。。」

とまで考え込んじゃう人もいるみたいで。。。

そこで本日は、期間工のどんなところがキツイのか?

実際に働いた経験や口コミを元に、ランキング形式で解説していきたいと思います。

 

「トヨタ期間工のここがイヤだ」 BEST3

3位 寮生活

これは誰もが思いますよね。会社が用意する寮なんて、そんなにいい部屋じゃないだろうし、何より全然知らない他人とのルームシェアの可能性もあります。

 

どの寮も家賃・光熱費は無料で、最低限の家具は揃ってます。(テレビ・ベッド・テーブル・クローゼットetc..)

夕食も寮の食堂で安く食べられるし。

ある程度の覚悟を持って来た人なら、一人部屋に入ることができればそこまで苦には思わないかと。

 

僕の場合はラッキーなことに、一人部屋の割と綺麗な寮に住むことができたので、不満はそこまでありませんでしたが、入社する前は、相当な覚悟を持って現地に乗り込みました。

「どうせ汚い団地みたいなところなんだろうな〜」

そう思って現地に到着。バスを降りて最初に目にした光景は

ホントに汚い団地みたいなところでした。

正直、負のオーラ漂ってましたね。。。

「俺、ここじゃなくてよかった〜」ってシミジミ思いました。

ただ、やばいのは外観だけで、中はホントに普通のワンルームです。

僕は一人部屋でしたが、相部屋の寮に入ってる友達の部屋に遊びに行ったら、さほど広さに変わりなかったです。

 

ただ、運悪く相部屋の寮に入ることになった場合は、知らない人とのシェアルーム生活。

3LDK、4LDKの大部屋に、一人ずつ部屋が割り当てられます。

プライバシーは一応守られますが、慣れないうちは、しばらくストレス溜まることでしょう。。。

 

ちなみに、一人部屋か相部屋かは、完全に会社がランダムで決めているので、希望を出すことはできません(それ言ったら全員一人部屋がいいって言うに決まってますし)。

入社するときは、相部屋で生活する覚悟を持って現地へ向かってください。

あとは運を天に任せましょう。

 

 

2位 やりがいのない仕事

工場の仕事内容は、基本ライン作業です。

自分の工程を、時間内でひたすらこなしていく。

正直、面白い仕事とは言えないかもしれせんね。

特別なスキルが身につく、と言うわけでも残念ながらありません。

最初に話した「長期連休後、バックれちゃう人」の理由は、多分ここだったんじゃないでしょうか。

「戻ってまたあの仕事すんのか、、、嫌だな。辞〜めた」

って感じだと思います。

確かに組立だと、仕事に慣れてしまったら時間が経つのが凄く遅い、とよく聞きました。

 

ただ、この悩みは僕たち期間工よりも、正社員の人に多買った気がします。

「ここで一生働かなければいけないのか、、、」

安定している職場なだけに、簡単には辞められない。実際、トヨタの職制でもこう言った言葉を口にしている人はいました。

ですが、期間工の我々は、契約期間でいつまで働くかを選べます。

精神的によほどキツくなったら、すっぱり辞めて別の仕事に付くのが手だと思いますよ。

 

1位 職場環境

正直、ズチアーノはトヨタ期間工時代、結構恵まれた環境にいました。

社員の方は尊敬できる人が多く、誰とでも仲良くやれてましたし、仕事は大変だけど割と楽しくやれてました。

でも、はっきり言いましょう。

 

真夏は地獄です。

マ・ジ・で・辞めたくなります。

 

と言うのも、空調設備はあることはあるのですが、外からの出入りや工場内の広さのせいで、快適な気温に保たれることはありません。(各組に割り当てられるミーティング場は別。)

 

それまでも工事現場での仕事など経験してましたが、真夏の工場の方がキツいと僕は思いました。

クソ暑い中、全速力で工程をこなす。しかもラインは動いてるから止まることはできない、、

これはズチアーノも堪えましたね。。。

 

 

まとめ

期間工の仕事を「地獄」と形容するのは、正直ズチアーノは違和感を覚えます。

デスクワークで体力的に楽でも、嫌味な上司にネチネチ小言を言われ、休みももらえず、長時間働かされる方が、ズチアーノにとっては「地獄」です(デスクワーク、やったことありませんが)。

ただ、真夏だけは正に「灼熱地獄」。

だからズチアーノから送るアドバイスとしては

入社するなら、真夏以外。

これに尽きると思います。

 

具体的には、お盆を過ぎてから、の方がいいですね。段々と涼しくなってくるので

逆に、これから暑くなってくる時期に入社する人は、大変だと思います!

6月に面接を受けたら、遅くとも6月後半に配属になります。

仕事も覚えなきゃいけないしで、二重の苦しみです。

その時期に配属される新人さんの辞めること辞めること!

 

この記事を読んでくれてるあなたが、トヨタ期間工の応募を考えているのなら

できる限り「8月〜4月」の間に面接を受けるのをお勧めしますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハンドルネーム: ズチアーノ ハンドルネームの由来: 名付け親はトヨタのチームリーダー。本名の”鈴木”をイタリア風に呼んだらこうなったらしい。意外と気に入ってたので、そのまま拝借しました。 ブログタイトルの由来:副業で月収100万円を達成したタイミングの開設だったので、調子に乗って付けました。 期間工としての歩み: 2014年5月 トヨタ自動車物流課に配属。 2017年4月 トヨタ自動車フル満了。 2017年6月 ダイハツ工業組立課に配属。現在、フル満了を目指し大阪で孤軍奮闘中。 2018年8月 ブログ「期間工でも月収100万円」開設。 ブログテーマ:期間工という働き方をもっと世の中の人に知ってほしくて開設しました。高収入・高待遇の契約社員という立場を利用して、もっと人生を豊かにさせましょう!