期間工のメリット・デメリットを「全社共通」「会社次第」で解説

全社共通のメリット

福利厚生

期間工の売りの一つは手厚い福利厚生。これは、どのメーカーでも共通しています。

社会保険完備と書かれているのに、労災保険・雇用保険がなかったり、無給で長時間残業をやらせたり、深夜手当がなかったりという、ブラック会社にありがちな、求人情報と実待遇が違う、ということはほぼ無いです。

 

採用の間口が広い(高年齢、未経験でも可)

健康体であること。

これが採用条件といっても過言でないくらい、不採用になる人は極わずかです。経験の有無も関係ありません。

50代くらいのおじさん、私服、茶髪、、、面接にはホント〜にいろんな人がいましたが、入社後の説明会にも来ていたので、採用されていたはずです。

流石に60代はいませんでしたが、僕が一緒に働いた期間工でも40代、50代の人は普通にいました。

30代後半だったら、余裕で受かります。

ただ、いくら採用が緩いとはいえ、社会人のマナーとしてスーツ、ネクタイで面接に向かうようにしましょう。こんなくだらないことで不採用になるというのも、バカらしいですからね。

ただ、注意事項として刺青はNG。面接でも刺青・タトゥーの有無を聞かれます。

嘘をついても、その後の健康診断でバレるので、刺青のある人は諦めるか、範囲が小さければ消してから面接に行きましょう。

 

寮費・光熱費が無料。即入居可。

最低限の家具も揃っているので、最悪バッグ一つでも働きに行くことができます。

僕が働いた職場には「会社によっては月1〜2万引かれることもある」といっていた人がいましたが、もしかしたらこの人は派遣だったのかな?

寮費の有無については、求人情報に明確な記載がない場合は、応募の際に確認してみましょう。

 

有給休暇がもらえる。長期休暇アリ。

これは僕が期間工を始めた時、最も感動した待遇の一つです(笑)

今まで、有給休暇がまともにもらえる職場で働いたことがなかったので。。。

もらえる日数は年10日。大体半年目の更新と共にもらえます。

 

長期休暇は、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆と年3回。日数は前後しますが、大体7〜10日です。

この時期は、関連子会社も全て稼働ストップするので、休日出勤を強要されることはありません。

その月の給料は減ってしまいますが、中には長期休暇手当をくれる会社もあります。

会社選びの参考にしましょう。

 

失業保険が待機期間無しでもらえる

一般的には、自己都合で会社を辞めてしまうと、3か月間は雇用保険の給付を受けることが出来ません。

でも、期間工の雇用形態は、契約制。次回契約を断っても、それは「会社都合」での退職になるため、雇用保険の給付が待機無しで受けられます。

ただし、失業保険は、1年以上、働いていないと受給資格が得られません。6ヶ月では対象になりませんので、その点はご注意ください。

 

全社共通のデメリット

肉体労働のため、体がシンドイ

工場勤務は体力勝負の仕事。中には、腰を痛めてしまう人や、過酷な仕事に耐えられなくて辞めてしまう人も少なくありません。

ある程度体を酷使する覚悟を持って、面接に臨みましょう。

交通が不便

夜間の騒音や、近隣住民への配慮もあり、多くの工場が郊外や田舎にあることが多いです。

なので、一部の工場を除き、交通の便は悪いです。

と言っても、陸の孤島というわけでなく、バスで最寄り駅まで30分とか。

中には住宅街にあるため電車からの徒歩通勤が可能だったり、都会へのアクセスが便利な工場もあるので、応募の際の比較材料に検討したい人は、事前に確認しておきましょう。

むしろ、交通の便の良さを売りにしている工場もたくさんあるので。

 

不規則な勤務体系

多くの工場が、週交代で日勤・夜勤が入れ替わります。

夜勤が初めての人は、慣れるまでちょっとキツイかも。

ただ、この夜勤があるため、がっつり稼げるというのも事実。

日勤→夜勤の交代週の場合は、月曜の夜まで休めるので、僕なんかは別業種の夜勤よりは、よっぽどマシだと思ってます。日替わりじゃなく週交代ですし。

 

手に職がつく、訳では無い

工場員は、職人さんや料理人のように、”手に職がつく”タイプの労働ではありません。

もちろん、経験者の有無は仕事の覚えや採用に影響は出てきますが、基本的に別の工場・部署に配属されたら、また一から覚え直さなければいけません。

これが、期間工ループと言われる、大きな原因の一つです。

正社員の人でも「辞めたいけど、他にできることがない、、、」と嘆く人を沢山見てきました。

工場の仕事以外選べなくなってしまいますからね。

 

 

 

会社ごとのメリット・デメリット

寮環境(完全個室か、タコ部屋か)

いくら無料とはいえ、できるだけ良い部屋に住みたいと思うのが人間。

誰だって、知らない人と同居する相部屋には住みたくありませんもんね?

会社によって、用意している寮は大きく変わってきます。

例を挙げると、相部屋の可能性が高い会社は、以下の3社

・トヨタ自動車

・日産自動車九州

・日産車体

個室寮もあるのですが、どこに入居できるかは会社が選びます。

ズチアーノはラッキーなことに、トヨタの個室寮に住むことができたので、快適でした。

ちなみに、相部屋の寮も、一人一部屋割り当てられるので、プライバシーは守られます。

 

 

逆に、下記の4社は個室寮であることが確認されています。

・いすゞ

・マツダ

・日野

・ダイハツ

どうしても個室に住みたい人は、上記の4社に応募してみても良いと思います。

 

正社員登用の有無

こちらも会社によって様々。ほぼ正社員登用の見込みが無い会社や、逆に正社員登用を積極的に行なっている会社もあります。

応募時期によっても大分変わってくるので、正社員登用を狙っている人は、事前に入念な下調べを行ってから応募することをお勧めします。

入社してから「ウチは今のところ正社員募集してません!」なんてことになったら、時間がもったいないですからね。

 

 

人間関係・仕事内容は「会社」じゃなく「配属先」次第!

未経験の人が一番気になる人間関係・仕事内容についてですが、

これは会社、というよりも配属される組によって全然違うと思います。

これは無理もない話で、どのメーカーも総勢5000人〜100000人以上の人が働いていて、無数の部署があるわけです。

同じ会社でも、

「ウチの組は、上司にも恵まれて、仕事内容も自分にあってるよ。この環境なら、正社員を目指したい!」

と思える部署から

「俺の組は仕事メチャクチャきつい。。。職場にも全然馴染めないし、もう辞めたい。。。」

という意見まで、様々に分かれます。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

あなたが期間工で働く「目的」は何?

 

どんな職業でも言えることかもしれませんが、働いてみないと分からないことは沢山あります。

むしろ、そっちの方が多いかも。

でも、期間工で働く「目的」は、人によって違います。例えば

・短期で大金を稼いで、すっぱり辞めたい

・居れるだけ居て、できるだけ貯金を増やしたい

・実家を出て一人暮らししたい。

・正社員になりたい。

・とりあえず働いてみて、長く続けれるかどうか決めたい

などです。

目的を最初に決めておくことで、優先すべき点も、妥協点も見つかります。

 

正社員になりたいのに、正社員登用を行なっていない会社に応募しても、時間の無駄ですよね?

絶対お金を貯める!という固い意志があるなら、交通の便が悪い田舎の工場をあえて選ぶことは、メリットに考えられると思います。

 

まずは、自分が期間工で働く「目的」を決めること!

 

それ次第で、上にあげたデメリットも、あなたの目的にとってはメリットになり得ます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハンドルネーム: ズチアーノ ハンドルネームの由来: 名付け親はトヨタのチームリーダー。本名の”鈴木”をイタリア風に呼んだらこうなったらしい。意外と気に入ってたので、そのまま拝借しました。 ブログタイトルの由来:副業で月収100万円を達成したタイミングの開設だったので、調子に乗って付けました。 期間工としての歩み: 2014年5月 トヨタ自動車物流課に配属。 2017年4月 トヨタ自動車フル満了。 2017年6月 ダイハツ工業組立課に配属。現在、フル満了を目指し大阪で孤軍奮闘中。 2018年8月 ブログ「期間工でも月収100万円」開設。 ブログテーマ:期間工という働き方をもっと世の中の人に知ってほしくて開設しました。高収入・高待遇の契約社員という立場を利用して、もっと人生を豊かにさせましょう!