期間工にパワハラはあるのか?人間関係の不安解消のため、知っておきたいこと。

 

昨日、僕が期間工として働き出して、どんな人と出会ってきたのかを記事にしました。

期間工に応募したての頃から現在までの人間関係を振り返ってみた

 

上の記事で書いた通り、僕は人間関係に恵まれていたほうで、現在に至るまで人間関係で悩んだことはほぼありません。

ですが、あくまで僕は運よく良い職場に恵まれただけで、同じ会社でも所属する組が違えば、かなり劣悪な条件下で働かされる場合も。。。

本日は、もっと現実的に

「パワハラはあるのか?」

「過労死や自殺のニューㇲが多いけど、期間工はどうなのか?」

「気が弱くて、自分で抱え込むしかない」

といった悩みに対してお答えできればと思います。

 

パワハラ・セクハラはあるのか?

どこまでがパワハラなのかの線引きというのはあってないようなので、ここで言うハラスメントというのは「殴る・蹴る」「明らかに人間性を否定するような差別的発言」について回答します。

 

大手メーカーに関しては、法的コンプライアンスの遵守を徹底しています。

職長・班長から一般社員へ指導がきちんとされていますので、ハラスメントと呼ばれるほどの度が過ぎた指導は、ありません。

 

ただ、工場の仕事は時間で生産台数を計上しています。

そのため、現場は大忙し。

時と場合によっては、厳しい言い方をされることは勿論あります。

しかし、それはあくまで教育の範疇です。

実際、僕もかなり厳しい言葉で怒られた経験はあります。

仕事ができるようになればキツク言われることは無くなるので、最初の1・2か月は頑張って、上司を見返してやりましょう!

 

サービス残業の強制はある?

ここでいう残業は、ラインが止まった後の残業時間を指します。

トヨタに関して言えば、残業は15分刻みで計算され、できるだけ時間内で済ませるように管理も指導も徹底されていました。

ただ、会社によっては大まかな残業時間だけ計上し、実際にはその時間を超える作業を行わせる、という会社もあります。

例えば、残業時間は20分で出てるのに、実際の作業時間は30分かかる、なんていうことも。

ネットの情報をみると日産・ダイハツはそういった点が目立ちますね。。。

 

 

残業の拒否はできるのか?

残業内容によりますが、あまりに扱いが酷い時には、直訴して残業無しにしてもらうか、頻度を減らすようにすることは出来ます。

特に、派遣社員だったら、企業の直接雇用じゃないので、比較的直訴しやすいです。

ただ、全員強制参加の残業内容もあるので、そういったときには残らなければいけません。

 

残業は誰でも嫌なものですが、あまり拒否しすぎるのも、人間関係を円滑に保つには考え物。

できるだけ協力するようにし、大事な予定があるときや、明らかに公平を欠いていると思われるときは、思い切って上司に相談しましょう。

 

 

過労死も社会問題になってるけど、、、

近年、無理な仕事の押し付けによって精神を病み、不幸なことに自殺してしまったり、過労死されてしまうという悲しいニュースが世間を騒がせます。

大手自動車メーカーではどうなのか?

正直なところ、僕が入社してから過労死・自殺というニュースは現場で聞きませんし、隠ぺいしているという事実も無いです。

というか、もしあったとしても、一期間工ごときにはわかりません。

ただ、あまりの肉体的過酷さに精神を病んでしまって、鬱になり、そのまま退職、という話は聞いたことあります。

もしくは、不具合を出したことを気に病んで鬱を患ってしまい、休職してしまったという人も。(不具合に関してはコチラの記事で詳しく説明してます)

こういった方の特徴は、総じて責任感が人一倍強い為、必要以上に思い悩んでしまうタイプに多いと感じます。

仕事は大事ですが、命や健康には変えれません。

本当につらい時はあまり自分で抱え込まず、同僚や上司に出来るだけ早く相談するようにしましょう。

 

 

最悪、労働組合か偉い人に直接相談

パワハラはありません、サービス残業も嫌だったら直訴すればいい。

ここまで書いても、実際に働いてみてから変な上司に当たってしまったり、気が弱くて上司に直訴なんてできない人もいると思います。

ここで、最も効果的な、対処方法をお伝えします。

それは、労働組合か、係長・部長クラスの偉い人に直訴すること。

何故なら、そうすることで、組内部の揉め事では済まなくなるからです。

職長・班長にとって、自分の部署の厄介事がバレて追及されることは、今後の出世にも響く大ダメージ。

ただ、この方法は組外部の人間も巻き込む事態に発展するため、本当に酷いハラスメントが行われた場合のみ、この方法を使いましょう。

 

 

 

まとめ

期間工のメリットは高収入・高待遇。

しかし、それを為せるのも大手企業だからできることです。

つまり、大手自動車メーカーに勤めることができるというのは、それだけで大きなメリットと言えます。

人間関係に関するストレスを軽減するために、このメリットをどんどん活かして、実生活を充実させましょう!

本日は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハンドルネーム: ズチアーノ ハンドルネームの由来: 名付け親はトヨタのチームリーダー。本名の”鈴木”をイタリア風に呼んだらこうなったらしい。意外と気に入ってたので、そのまま拝借しました。 ブログタイトルの由来:副業で月収100万円を達成したタイミングの開設だったので、調子に乗って付けました。 期間工としての歩み: 2014年5月 トヨタ自動車物流課に配属。 2017年4月 トヨタ自動車フル満了。 2017年6月 ダイハツ工業組立課に配属。現在、フル満了を目指し大阪で孤軍奮闘中。 2018年8月 ブログ「期間工でも月収100万円」開設。 ブログテーマ:期間工という働き方をもっと世の中の人に知ってほしくて開設しました。高収入・高待遇の契約社員という立場を利用して、もっと人生を豊かにさせましょう!