ダイハツ期間工の面接・解答例・服装まとめ

期間工の面接は、比較的簡単な場合が多いというのが通説。

とはいえ、会社が違えば採用の基準も違うはず!

面接を受けてから「あれ?期間工の面接なんて余裕だと思ってたのに、予想と全然違う。。。」

なんてことにならないように、実体験を基にご説明しましょう!

今回は大阪の大手車メーカー・ダイハツ工業です!

 

 

どこの求人を参考にしたの?派遣?

僕の場合はダイハツ工業公式HPです。

つまり、派遣社員じゃなく、期間社員としての入社を希望したのです。

実は当時、派遣会社を経由しての応募があるなんて知らなかったんですよ。。。

もし知ってれば、お得な入社祝い金や、給料高い案件もあったかもしれませんが。

これから応募する人は、以下のサイトを参考に、どこから応募するか選びましょう!

期間工.jp 公式ページ

 

 

面接場所はどこでやる?

梅田駅から徒歩5分圏内のビルの一室です。

行ったことある人はわかると思いますが、大阪・梅田って人が多いわ駅は入り組んでるわでホント迷う。

 

僕は初めての梅田だったので、そりゃもうテンパりましたよ(汗)。

梅田駅を知らない人、あまり慣れてない人は、早めに向かうことをお勧めします。

 

 

面接は1対1の個別面談形式。

トヨタの時は面接官1人に対して受験者数名という集団面接形式だったのですが、ダイハツは個別面談でした。

ただ、部屋自体は割と広い空間なので、個別面談を数組に分けて同時に行う、という形になります。

僕の時は、自分を含めて3組で行いましたね。

となりの面談の声も普通に聞こえてきますが、隣の組がフレンドリーな喋り方だったので、リラックスして面接を受けられたのを覚えています。

 

 

どんな服を着ていくべきか?

期間工の面接は私服でもOKとネットでは書かれていますが、僕はスーツで行きました。

ちなみに、他の受験者も皆スーツでしたよ。

私服に関しては賛否両論あると思いますが、私服で行って面接落ちるって、正直恥ずかしいと思うので、この記事を読んでる人はスーツで行くようにしましょう。

 

 

 

 

どんな質問をされる?

質問内容に関しては主に以下のような感じ

 

  • 別工場での経験はあるか?
  • 前職は何をしていたか?
  • 志望動機は?
  • 借金はあるか?

 

 

 

僕の場合は前職がトヨタの期間従業員で、2年11か月のフル満了だったので、最初から面接官の印象はかなり良かったですね。

 

それ故に、質問自体はかなり少なめでした。

 

もし期間工が初体験、という人は、加えて以下のような質問もされるはず。

 

  • 体力的にきつい仕事だけど覚悟はあるか?
  • 前職を辞めた理由は
  • 仕事をするにあたって大事にしていることは?

 

ちなみに、借金の有無に関しては、どのメーカーの面接に行っても大抵聞かれます。

面接後に信用情報を調べられることも無いので、ここは「ありません」と答えましょう。

 

 

 

他社と比較してどこが違うところはある?

ダイハツは特に「気合と根性」が必要かも

以下の2つの質問は印象的でした。

 

  1. 工場はどこの工場が希望か?
  2. ダイハツは他の工場と比べてかなりキツイけど、大丈夫?

1に関しては、応募の段階でわかっていた(というより、だから受けた)んですが、

期間工の仕事で最初から工場を選べるメーカーは、比較的稀です。

立地条件や、評判のいい工場ばかりに人が集中してしまうのが、主な理由。

 

当時募集していたのは滋賀・大阪・京都の3工場(京都工場は2018年12月現在募集してません)。

僕は大阪で仕事がしたかったので、迷わず大阪と答えました。

 

2に関しては、「そんなのどのメーカーでも聞かれるよ!」と思うかもしれません。

でも、ダイハツの場合は珍しいことに公式HPの募集文の時点で、仕事がキツイことを全面アピールしてるのです。

例えば

プレス→暑い!&音が大きい!いつも揺れてる!

 

溶接→暑さとにおいとの戦い!

 

塗装→暑い作業場での職人作業!

 

組立→屈む+上向く+潜り込む=組立作業姿勢。疲れる姿勢での作業も!

 

検査→絶対にミスは許されない最後の砦!

 

こんな募集文なのか、警告文なのかわかりません(笑)。

で、実際に働いてみてわかったのですが

ダイハツの仕事は本当にきついです。

応募する方は、覚悟を決めて入社することをお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハンドルネーム: ズチアーノ ハンドルネームの由来: 名付け親はトヨタのチームリーダー。本名の”鈴木”をイタリア風に呼んだらこうなったらしい。意外と気に入ってたので、そのまま拝借しました。 ブログタイトルの由来:副業で月収100万円を達成したタイミングの開設だったので、調子に乗って付けました。 期間工としての歩み: 2014年5月 トヨタ自動車物流課に配属。 2017年4月 トヨタ自動車フル満了。 2017年6月 ダイハツ工業組立課に配属。現在、フル満了を目指し大阪で孤軍奮闘中。 2018年8月 ブログ「期間工でも月収100万円」開設。 ブログテーマ:期間工という働き方をもっと世の中の人に知ってほしくて開設しました。高収入・高待遇の契約社員という立場を利用して、もっと人生を豊かにさせましょう!