期間工が直面するであろう、トラブル紹介。

 

期間工の仕事は、寮と工場の往復。自然と集団行動の時間が多くなります。

となると、決まって起こるのが人間関係でのトラブル。

本日は、期間工生活で実際にあったトラブルを紹介していきたいと思います。

これから期間工に応募しようという人は、この記事で挙げる事例を元に、

「集団生活において、どんなことを注意すればいいのか」

を参考にしてください!(^^)!

 

トラブル事例 寮編

相部屋のマナー問題

やはり1番トラブルが起こりやすいのは、相部屋の寮でしょう。

4LDK~5LDKの空間に、その部屋数の人間が同時に生活することになるので、自然と問題も発生しやすくなります。

よく聞いたのが、以下のようなトラブル↓

トイレや洗面などの使い方が汚い

汚い話ですが、トイレの周りに尿がついてもそのまま放置したり、大浴場まで行くのが面倒だからと、室内の洗面スペースでシャンプーをしたり(ひどいのだと、足を洗ったりする輩も)。

ワンポイントアドバイス

相部屋での共有スペースの扱いは、マナーを守って綺麗に使おう!

 

 

壁が薄いため、隣の部屋の物音が気になる

相部屋の寮の壁は、薄い構造になっていることがほとんど。

なので、テレビの音や生活音が、自分の思っている以上に隣の部屋に響いてしまっていて、余計なストレスを与えてしまうことも。

とはいっても、寮にいる間、ずっと静かに過ごすなんてできないので、ある程度は仕方ない部分ではあります。

 

ワンポイントアドバイス

 

神経質な人は、耳栓やアイマスクなどの快眠道具を準備。

時間が更けてきたら、隣人を気遣って物音は控えめにしよう。

 

 

 

金銭トラブル

特に多いのが金銭面でのトラブル。

少しの間、部屋の鍵を開けっぱなしにしてる間に部屋へ入られ、金品や貴重品を盗まれる、といったトラブルは後を絶ちません!

また、隣人と仲が良くなったからといって、お金の貸し借りをするのはトラブルの元。

実際にあった出来事で、お金を借りた翌日に会社を辞めて、そのまま消えてしまうというトラブルも耳にしました。

 

ワンポイントアドバイス

 

金銭の貸し借りは、友達でも絶対にしない!

部屋の鍵は、必ず閉めること!

 

 

 

タバコ・家電製品によるボヤ騒ぎ(個室寮含む)

年に数回は、寮でのボヤ騒ぎも起こっています。

大体、たばこの火の不始末や、古くなった家電製品の扱いが原因です。

ボヤを起こしてしまうと、寮を強制退去させられたり、隣の部屋に燃え移って火事が広がったりでもしたら、賠償問題にまで発展しかねません。

 

ワンポイントアドバイス

火の管理は徹底注意!タバコを吸う人は特に気を付けよう!

 

 

 

トラブル事例 職場編

工場には様々なタイプの人がいます

私たちが働く車メーカーの工場には、各工場につき、平均3000~6000人もの人が在籍しています。

それだけの人数がいれば、穏やかでないことも起きてしまうことも。

寮でのトラブルと近い事もありますが、実際に起こった事例を以下にまとめました。

 

財布や貴重品の盗難

通常、従業員にはそれぞれ、貴重品や着替えをしまうロッカーが割り当てられています。

仕事が始まる前に各自の荷物をロッカーにしまってから仕事を始めることになるのですが、このロッカーを狙った窃盗のトラブルも頻繁に起きていました。

財布は勿論、時計やアクセサリーなどの金目の物、あとは何故か作業着が盗まれるという事件も、僕が在籍している期間に起きていました。

こういった貴重品・ロッカーの管理は自己責任という扱いがほとんどなので、盗難が起きても泣き寝入りしかできません。

 

ワンポイントアドバイス

寮の鍵と同様、職場での貴重品の管理には十分注意しましょう!

 

 

クセがある社員・もしくは期間工の存在

どの仕事でもそうですが、性格に問題があって、なかなか職場に馴染むことができない人っていますよね。

挨拶ができない、コミュニケーションを全く取らないというタイプの人はまだいい方で、中には被害妄想が強く、感情的になって周りに迷惑をかけるタイプの人も。。。

 

ワンポイントアドバイス

 

やたら口論や逆切れをしてくる大人げない人には、自分から距離を置いて、できるだけ関わらないようにしましょう。

 

 

高圧的な上司

車メーカーは大手企業なので、パワハラやセクハラなどのコンプライアンス遵守は、別職種よりも徹底してる傾向があります。

そんな中にも、やたら期間工や一般社員に対して高圧的で、差別とも取れるような言動を行ってくる上司もいます。

さすがに殴る・蹴るといった暴力行為を働く上司は見たことがありませんが、もしかしたらそんなDQN職長・社員がいる可能性も僅かですがあります。

もしそう言った最悪の上司に当たってしまった場合は、運が悪かったと早めに見切りをつけるか、精神的に追い込まれてしまった場合は、労働組合に相談するなどの対応も効果的です。

 

ワンポイントアドバイス

パワハラは犯罪です。教育の範疇を超えた指導があった場合は、泣き寝入りせずに、自分の権利を守るために立ち向かいましょう。

 

 

別部署の人間とのイザコザ

自分の部署の人間じゃなく、他部署の人間と揉めた場合は、少々厄介です。

自分の力で解決しようと思っても、後々、それが部署同士でのいがみ合いに発展してしまい、工場内の業務全体に悪影響になってしまう可能性があるからです。

受け入れ教育の時にも「別部署の人間と口論になった場合は、速やかに班長や職長に相談し、期間従業員同士で解決しようと思わないこと」という指導がある会社は少なくありません。

 

ワンポイントアドバイス

もし別部署の人間と衝突した場合は、その場はグッとこらえ、自分の直属の上司へ報告して、上司同士の話し合いで解決してもらいましょう。

 

 

 

まとめ

上記であげたようなトラブルは、期間工の仕事だけでなく、集団生活を過ごす環境には仕方ない部分もあります。光熱費無料の寮であることや、高給高待遇なことを考えると、運が悪かったと諦めるのも一つの決断でしょう。

ですが、安全面や貴重品管理の部分に関しては、自己管理で切り抜けるしかないですし、起きてしまった後は泣き寝入りになるケースがほとんど。

せっかくの期間工ライフをストレスなく過ごすために、常識の範疇で羽目を外し、最低限のマナーは守って過ごしましょう!

 

本日は以上です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ハンドルネーム: ズチアーノ ハンドルネームの由来: 名付け親はトヨタのチームリーダー。本名の”鈴木”をイタリア風に呼んだらこうなったらしい。意外と気に入ってたので、そのまま拝借しました。 ブログタイトルの由来:副業で月収100万円を達成したタイミングの開設だったので、調子に乗って付けました。 期間工としての歩み: 2014年5月 トヨタ自動車物流課に配属。 2017年4月 トヨタ自動車フル満了。 2017年6月 ダイハツ工業組立課に配属。現在、フル満了を目指し大阪で孤軍奮闘中。 2018年8月 ブログ「期間工でも月収100万円」開設。 ブログテーマ:期間工という働き方をもっと世の中の人に知ってほしくて開設しました。高収入・高待遇の契約社員という立場を利用して、もっと人生を豊かにさせましょう!